不動産屋の選び方 【離婚が原因で売却・購入の場合】

2018/10/11

ネットがこれだけ普及している現在、情報は誰でも簡単に手に入ります。

 

不動産屋も星の数ほどありますし、どこに頼もうか、迷ってしまう方も多いのでは?

 

迷ったとき、やはりCMなどで知名度がある会社や、地元で長くやっている会社を選ぶ方も多いでしょう。

洋服やインテリアなら自分の好みの商品を置いているお店を選べばいいですが、不動産屋が皆違う商品を用意しているわけでもない。

扱っているのはどの会社も同じ情報、ということが多いですからね。

 

そうなると、やはり大きい会社、となんとなくの安心感で選ぶ方もいますよね。

 

アベリアは代表一人でやっている会社。

大きさからいくと極小です(笑)

 

でも、大きな会社に勤めていてデメリットがわかったから、極小サイズで会社をやっています。

 

最も大きいデメリットは、営業マンが自分の契約や給料のためだけに頑張っている、ということ。

そして会社もまた、当たり前ですが自社の利益のために数字を追いかけている、ということ。

 

もちろん儲からないと会社は存続しませんから、この姿勢は間違っていません。

 

でもアベリアに来るお客様はちょっと大変な思いをしている女性。

話を聞いてほしかったり、不安だったり、少し戸惑っている方を前にすると、営業マンはなんとか契約にこぎつけようとあの手この手で頑張ってきます。

 

ちょっとちぐはぐですよね。

 

双方の目的が違うので、仕方ないんですが。

 

 

営業の目的は契約数を上げること。

お客さんの目的は、安心して家を買ったり、売ったりできる事。

 

アベリアの目的は、ちょっと戸惑っている女性の味方になること。

だから、極小サイズでやっているのです。

 

 

同じ境遇の女性のために作った会社なので、そもそもの目的が他の不動産屋とは違うのです。

 

利益は他でなんとかします。

逆に紹介でお客さんがお客さんを呼んでくれるので、そういった意味では何とかなっている、というのかな。。

 

離婚が原因で売ったり、買ったり、を考えている方は、相談だけでもいいから来てくださいね、と心から思っているのでした。