失敗も笑い飛ばそう

2018/12/28

年末も押し迫ったこの時期に。

 

急に契約となりまして。

 

嬉しいよりは、え?そうなの?みたいな戸惑い。

 

 

いつもの離婚関係でもなく、

エンドのお客さん向けでもなく、

業者対業者の取引です。

 

言ったらプロ同士だから楽なんだけど、

業者としてピヨピヨのアベリアですから、

逆に騙されてるんじゃ?という懸念がぬぐえません。

 

 

なんかいい話しってのも、

逆に疑う。

 

大した労力もなく、

いつもの何倍も儲かる仕事、って、

あやしくない?

 

 

それが不動産屋のうまみさってことなのかもしれないけど、

そこを目指してたわけじゃないからねぇ。

 

 

ま、もちろん儲かりたいし、

お金好きだし、

いいんだけどね。

 

 

でもそうやって疑心暗鬼になっていると、

疲れる。

 

 

 

疑い出すときりがない。

 

 

モヤモヤしている状態が嫌いな私、

もういいかっ、と開きなおり。

大損はしないだろ、ってところをストッパーと考え、

思い切って乗っかることにしました。

 

 

騙すより騙される方がいい、みたいなキレイな感じではなく。。

 

 

騙されちゃってもまあいいか、

大した傷ではないさ、

という開き直りです。

 

 

相手を出し抜こう、とか

そう来たらこう返してやる、とか

駆け引き、

取引き、

足の引っ張り合いやらなんやかんや。

 

 

そういうのが面倒なだけなんだな。

 

 

 

今回がほんとにどっちなんだか、まだわからないけど。

 

なんとなくね。

自分が笑えば相手も笑うし。

 

自分が嫌な感じで接すると、相手も嫌な感じの態度になる。

 

 

こっちが信頼しているよ、と言えば、相手も信頼してくれる。

 

騙そうとすれば、騙される。

 

そんな風になっている気がして。

 

 

まずはこっちが信用してしまえ、と。

 

ま、そんな感じで飛び込んでみました。

 

 

思いっきりやられたら、

それはそれでネタになるしな~。

 

 

失敗も、笑い飛ばそう。