応援したい人ってこんな感じ

2019/01/07

突然ですが、わたくし、

選挙に出ます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘です。

 

 

 

ただの応援です。

 

 

 

うっかり写真も出しちゃいましたが、

これが街中に貼られております。

 

 

 

 

 

真ん中にいるのが、

選挙に出る人、

かおりんです。

 

 

 

 

 

 

たまにはるおと駅で立って応援している、あれですよ。

 

 

 

 

 

 

今日はなんとなく、

かおりんの事務所へ行って、

フレーフレーと応援して(←心の中で)

お弁当食べて帰ってきました(←ただの食い逃げ)

 

 

 

 

 

 

わたくし、

基本的にいつもニュートラルな立場にいるのが好きなので、

 

 

 

 

どっち派、とか、

派閥、とか、

そういうの嫌なのです。

 

 

 

 

 

 

 

個々の人たちと1対1で話してると好きな人たちも、

群れると変になることあるでしょ?

 

 

 

 

 

 

日本を良くしよう!

地域を良くしよう!

 

 

 

 

と、奮闘している個人は好きでも、

 

 

 

 

そう言ってる

団体はなんか嫌い。

 

 

 

 

 

 

 

なんかね、実態がぼやっとしてて見えないからなのかなー。

 

 

 

 

 

ま、そんなわけで、

政治や地域活動よりは、

私は私の身近な人と一緒に幸せになりたいな、と日々そっちの活動をしているわけですが。

 

 

 

 

かおりん、という個、は、

応援したいのだ。

やっぱり女子なので、女子目線のあんなことやこんなことも気付くわけでね。

私がやっている女性向けのあんなことやこんなこととも被る事だってあるわけです。

 

 

 

なので、4月の選挙本番までチラチラと応援記事も書くかもしれません。

 

 

 

 

そうは言っても、

適当な私ですからね?

 

 

 

こんなブログ書いてる私ですからね?

 

 

 

 

 

真面目な紹介をするわけないですよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずね、

独身女子な訳ですよ。

 

絶賛募集中な訳ですよ。

 

 

 

 

バツも付いていない、

ピチピチパチパチ独身です。

 

 

 

 

まあ、同年代の独身男子、

市議会議員やってます、って女子を受け入れられるほど度量のある男子は少ないのでは?と勝手に思う。

 

 

 

 

肩書きがねぇ、固いよねぇ。

 

 

 

でも、本人はめちゃくちゃ柔らかいんだけどね。

仕事の時はそんなことないと思うけどさ、隠してると思うけどさ、

 

 

 

ほんとはぐにゃぐにゃ、柔らか星人なんだと思われる。

 

 

 

 

そして多分、

優しすぎるが故、

気を使いすぎるが故、

色々と弊害も多いと思う。

 

 

 

ストレス溜まってんじゃないかしらね、多分。

 

 

はるおに飛びついて癒されているのを見るとね、そう感じますわ。

 

 

 

 

私は好き嫌いハッキリしちゃうので、

モロ顔に出るし、

嫌いな人とはほぼ話さない(←こども)んだけど、

 

 

まあね、選挙に出るわけで、

大事な一票と思ったら、

そんなことしちゃダメなのかなー。

 

 

 

 

 

そんな大変なことを乗り越えて、

やっと自分がやりたい仕事に就くことができる、という仕組みな訳で、

 

 

 

 

度胸と根性だけで会社を始めた私とは違い、

みんなの後押しが明確に投票数としてないと仕事が出来ないわけなのね。

ああ、なんとシビア。

 

 

 

 

 

 

かおりんのマジメに地域の課題に取り組む姿勢と、

 

はるおに抱きつき、プライベートで壊れてるオモロイ姿を見ていると、

 

 

ああ、なんとかしてあげたいなぁと思うわけ。

 

 

 

 

 

 

プライベートで壊れてなかったら、

完璧だったら、

面白くないから(←おい)ほっといたけど。

 

 

 

 

人間味溢れるところ、

完璧じゃないところ、

ダメダメなところ、

出来ないことがあってダメダメなところ、

 

 

 

そういうのを見せた方がいいよね。

恥ずかしいけどさ。

 

 

 

 

あの人もそんなんでも頑張ってるのか!

じゃあ私も頑張ってみよう!

 

 

 

そう思うよねー。

 

 

 

完璧だとさ、

あの人は私とは違う、と思っちゃうし、

一人で出来るから応援いらないでしょ、とも思う。

 

 

 

 

 

なので、

残念ながら、私はかおりんの素晴らしい政策や、ステキな取り組みを紹介するわけでなく(←それもどうかと)

 

 

 

残念なかおりんの面白いところを勝手にバラしていこうと思います。(←かおりんごめんね)

 

 

 

 

えー、今日の暴露としましては。

このブログの最後に、興味ある人は見てね、と貼ろうかと思っていた冨田かおりのホームページ。

 

 

なんか探しても探しても

見つからないことが判明。

 

 

 

このネット社会の時代に、

そこが放置って…

 

かおりん、、、

昭和な人にもほどがあるぜ。

 

 

 

 

 

早くなんとかしてあげねば、と

あぐらメンバーでフォロー中。

 

 

 

 

おばあちゃんみたいなアナログ世代の人たちにはいいけどな。若者はネットだわな。

 

 

 

 

頑張れ、かおりん!