余命1年だったらどう生きる?

2019/01/09

「息止めてまーーーす!」

 

 

 

 

はい、今日の一言。

 

 

先生あのね、(←こうやって日記を書けと小1の時言われた記憶がふいに)

今日健康診断に行きました。

 

 

 

去年は独立のバタバタで行けてなかったんだけど、

今年は行っておこうと思ってね、新年早々行ってきたの。

 

 

 

視力は裸眼で両目とも1.5。

 

体重も変わらず●●kg(内緒♡)身長が1cm伸びて153cm(←伸びてもチビ)

 

 

 

って順調に進んでいったんだけど。

 

 

 

バリウム飲んで胃の検査。

ここで事件は起こりました。

 

 

 

今日の病院は家の近くの大きな総合病院。

検診受けたのは初めて。

 

でも検査内容なんてどこも一緒だもんね、

はいはい、と手慣れた感じでバリウム片手に機械の上へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は別に普通だった。

「はい、少し左に~」

とか、

「ぐるっと回ってうつぶせに~」

とか。

 

 

指示通りにくるくるしてたんだけど。

 

 

 

急にね、

 

 

 

 

 

「はいっ!

息止めてます~!」

 

 

って言うの。

 

 

 

え??

ええ????

 

 

 

息止めてます?

あなたが?

 

 

 

 

いや、違うよな、私に止めろって言ってんだろうな?

 

 

 

はうっ!

 

 

 

息止める。

 

 

…。

 

…。

 

 

 

(いつまでだ~死ぬから~)

 

 

 

 

「はい、楽にして~」

 

 

 

 

 

ぶっは~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、急に言わないで、ほんと。

今まで受けた記憶では、

「吸って~、吐いて~、ハイ止めてくださ~い!」

 

って一連の呼吸の流れがあったはず。

 

 

 

吸っても

吐いてもなくって、

 

急に「止めてます!」って現在進行形、

やめて。

 

 

 

このワードが何度も飛び出し、

その都度はうぁってなる私。

 

 

時間短縮したいんだか、

ずっと同じことしてるとなんか日本語もおかしくなるんだかわかんないけど、

なんだか疲れたバリウムでした。

 

 

 

 

やれやれ。

 

 

 

 

 

 

基本的に、私の家系はみんな長生きなので、90 代はざら。

ばあちゃんは98で亡くなったんだったかな。

ガンになった人もほぼいないし、入院してなんか大変とかもあんま聞かない。

 

 

なので、勝手に私も100まで生きる設定で色々考えてますけど、もしもこの健康診断でなんか発見されて、余命1年とかだった場合。

 

どうする???

 

どうしたい???

 

 

 

動ける1年、が残っているなら、

やりたいこと全部やるよね~。

 

 

でもさ、

それがさ、

今やっていることなんだな、これが。

 

 

 

一昔前の私だったら、

まず速攻で会社辞めて、

色んな所に旅行に行って、

ワンコに囲まれて、

好きなもの食べて、

家事はやらずに、、、

最後位そうやって自分勝手に楽しく過ごすんだも~ん、と思ってたな。

 

 

 

でも余命1年じゃなくても。

そうやって生きていいんだよね。

 

 

 

そう気付いたから、

会社辞めて、起業して、

ハワイにマラソンしに行って、

念願の大型犬飼って、もう1匹追加して、

好きなもの食べて、

家事は適当に…。

 

 

ってやれた。

 

 

余命1年と言われた場合と今の生活が、

イコール。

 

 

この調子で100まで生きたら

まあ満足だろうな。

 

 

 

なかなかそんなことできんわ!と思うけれど、

やってみると出来たりするんだよね。

 

 

お金も時間もない、

子供が旦那が、親が、大変。

 

 

知ってる。

 

 

でも出来るよ。

 

 

 

やる、そう決めて、

やるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余命1年と思って、

やってみよ~ぜぃ。