子持ちの離婚!離婚して幸せになることで子どもを幸せにできる

2020/08/25
離婚 幸せ 子ども

こんにちは。アベリア不動産です。 アベリア不動産には「子どもが可哀想だから、離婚に踏み切ることができない…」という悩みを抱えている方が相談にきます。

 

しかし、そのように決めるのは、子どもと向き合ってみてから考えた方が良いと思います。実際に、どのように向き合えば良いのでしょうか? 今回は、離婚する際の子どもとの向き合い方についてご紹介します。

 

離婚して幸せになる子どもとの向き合い方

 

離婚は夫婦2人だけの問題ではありません。子どもがいる場合は、夫婦の問題に子どもを巻き込んでしまうことになります。

 

しかし、正しく向き合うことで、家族全員が幸せになれるのです。では、どのように向き合えば良いのでしょうか?ここでは、子どもとの向き合い方についてご紹介します。

 

子どもの様子を確認する

 

仕方がないことですが、離婚を考えているときには心に余裕がありません。子どもの心や行動の変化に気付いてやれないものです。しかし、幼稚園・保育園・学校の先生などは、子どもの変化に気付いていることが多いです。そのため、担任の先生に子どもの様子を聞いてみましょう。

 

子どもの様子を見ることで、自分の気持ちに改めて気づくことができるかもしれません。 なぜ、子どもの様子を確認するかというと、子どもに両親の離婚を受け入れるキャパシティがあるかどうかを判断し、その事実をタイミングを計る上で重要だからです。

 

第三者に子どもの気持ちを聴いてもらう

 

「両親が離婚するかもしれない…」という不安を感じた子どもは心を閉ざしてしまうことも多く、両親に心配をかけたくないと思っています。そんな状態の子どもから、親がいろいろ聞き出そうとしても難しいものです。場合によっては、全く話したがらないかもしれません。

 

そのような場合は、第三者から間接的に子どもの気持ちを聴いてもらいましょう。第三者に依頼する差は、子どもが心を開いている人を選んでください。 第三者に協力を仰ぐのは嫌だと感じている人もいるでしょう。

 

しかし「他人に知られたくない」と威嚇すより、離婚を決意できているのであれば、積極的に協力者を得て、子どもの気持ちを晴らすことが大切です。

 

子どもに気持ちを伝える

 

子どもと直接話すときは、子どもに分かりやすく伝える努力をしましょう。子どもが大人の事情を完全に理解することは難しいです。しかし、だからと「子どもには分からないこと」と突き放してしまうと、子どもの不安を膨れ上がってしまいます。そのため、子どもでも分かるような言葉を選んで伝えてください。

 

また、離婚を選んでも、子どもの幸せのために頑張ることをハッキリ伝えることで、子どもも安心できるはずです。 また、子どもに話す際は、一方的にパートナーの悪口を言わないようにしましょう。

 

子どもと対等な関係を築く

 

第三者を介して、子どもが不安に感じていることを知った場合は、そのことについても分かりやすく説明しておきましょう。

 

忙しいからと、とりあえず話しておけばいいという態度は控えて、子どもの気持ちを受け止めるつもりで、対等な立場で話し合うことが大切です。

 

離婚によって、今までの家族関係がなくなってしまうのではなくて、新しい家族の形を作って、みんな幸せになるんだということを説明すれば、子どもに伝わるはずです。

離婚して子どもが幸せになるのに大切なこと

 

離婚しても子どもが幸せになる方法もあります。どうすれば、子どもを幸せにすることができるのでしょうか?ここでは、離婚して、子どもが幸せになるのに大切なことをご紹介します。

 

知らずに子どもを傷つけている

 

アベリア不動産には「子どもがいるから離婚できない…」「離婚すると子どもが可哀想…」という理由で離婚を踏みとどまる人が多くいます。しかし、その言葉を子どもが聞いたら「私のせいで両親は離婚できない」と責任を感じてしまうのではないでしょうか?

 

また、不満がある中で結婚生活を続けていると、子どもの前でパートナーの悪口を言ってしまいがちです。子どもにとっては、とても辛いものでしょう。このような状況も少なからずあるので、離婚しなければ良いという考えは辞めましょう。

 

幸せな母親・父親が子どもを幸せにできる

 

確かに離婚は悲しい出来事です。でも、母親が幸せであれば、子どもも幸せなのだということを忘れないでください。

 

例えば、遅くまで仕事をしていて、子どもと話す時間が少なくても、頑張っている姿や優しい笑顔を見ることは、子どもによって幸せなことです。そのため「大丈夫!お母さんも頑張るし、一緒に幸せになろうね!」と胸を張って、笑顔でいきましょう。

 

離婚に関する悩みはアベリア不動産まで

今回は、離婚する際の子どもとの向き合い方についてご紹介しました。子どもも幼いながらに、両親の変化に気付いています。そのため、第三者の協力を得て、子どもの気持ちを探ってみましょう。

 

そして、子どもに話して良いと思ったら、対等な立場で話し合ってみてください。大切なことは、子どもの幸せを願うこと。同時に、子どもも両親の幸せを願っていることを自覚することです。

 

そうすれば、どのような関係を築いていけば良いかが明確になるでしょう。しかし、離婚は想像以上の労力がかかります。そのため、一人で悩まずに、アベリア不動産にご相談ください。