離婚する前に財産分与を理解しよう

2021/03/28

アベリアにご相談に来る方は、離婚前の方が多いのですが、それは皆さんやはり離婚後にどうなるのか、を知らべているから。

感情的になって何の準備もなしに、離婚届けを出してしまったら、後で後悔しかねない。

そんな風に考える、賢い女性が多いのも事実。

 

●離婚時の財産分与

財産分与は、

(1)夫婦が共同生活を送る中で形成した財産の公平な分配

(2)離婚後の生活保障

(3)離婚の原因を作ったことへの損害賠償の性質がある

 

と解されており、特に(1)が基本であると考えられていますと記載されています(法務省ホームページより抜粋)。

 

 

多くは(1)のところで、夫からいくらもらえるのか?と考えます。

妻が働いたパートの収入が入っている妻名義の通帳にあるお金も、夫名義のマイホームも、すべて夫婦で作った財産です。

それをどう分けるか、を夫婦で話し合わないといけません。

協議離婚で第三者を入れない場合は、これを自分たちでやらなければいけないので、なかなか大変。。

こっそり隠してある通帳があったりすると、見逃してしまう場合もあったりします。

 

何より、その話し合いの場を作ることがまず大変だったりしますよね。

 

 

●アベリアのご相談

離婚前にご相談に来てくれた方の中には、マイホームの査定をお願いしたい、という方も多くいらっしゃいます。

机上の計算ですが、相場と照らし合わせて売却するならおおよそこの金額で売れるであろう、という金額をお調べします。

 

それを半分にした金額をもらえる可能性がある、、と目安を付け、あとは弁護士を入れるか、自分で出来るか、を決めてもらってどのように進めるかを一緒に考えていきます。

 

離婚を勧めるわけではないのですが、もしそう決めたのならお手伝いします、というスタンスです。

 

不動産の売却、だけではなく、そこに至るまでのフォローを知り合いの弁護士さんや司法書士さんと一緒にしていく、という形です。

 

財産分与、、、で悩んだら、一度アベリアまでご相談ください。